K-POPアイドルがリリースした5つの最も過激なディストラック

K-POP
https://www.koreaboo.com/

ナンバー2がアワードショーをディスったが、未だに招待客が絶えない。

韓国のアーティストは相手をディスるような曲をリリースすることに消極的な人が多いです。特にK-POPアイドルの場合は、ネチズンがアイドルのイメージを好まないことが多いからだと言われています。しかし、多くのアイドルはネットユーザーからの反発を気にせずに、相手をディスった曲をリリースしてきました。ここでは、アイドルたちが発表した最も野蛮なディストーショントラックを5つ紹介していきます。

1. “Cypher Pt.2: Triptych” (BTS)

の曲を取り巻く状況を考えると、BTSの最も野蛮なディストーション・トラックの一つと言えるでしょう。この曲は、ラッパーのB-FreeがBTSやK-POPアイドルに対して失礼な発言をしていたことを受けてのもの。その中には、アイドルはラッパーではないと考えているスガとRMがアイドルになるという “誘惑 “に陥ってしまったことについてのコメントもありました。

このほかにも、B-Freeがソーシャルメディア上で行った無礼なコメントがあった。

https://www.koreaboo.com/

これをきっかけにBTSはB-Freeに捧げるディストトラックを発表し、メンバーたちは解散しました。

 

B-Freeは後にメンバーに「謝罪」することになるが、事件から何年も経ってからのことなので、多くの人は謝罪を受け入れていません。

以下が全曲です!

BTS(방탄소년단) – Cypher Pt.2: Triptych (Colour Coded Lyrics Han/Rom/Eng)

2. MAMA diss(G-Dragon)

G-Dragonはライブ中にMAMAをディスったので、この曲はかなり過激でした。

https://www.koreaboo.com/

G-Dragonの歌詞の多くは、アワードショーがいかにタレントや音楽に焦点を当てていないか、むしろ誰も怒らないように簡単に賞を配っているかに焦点を当てています。

以下が全曲です!

MNet GD x Taeyang – Good Boy with English subtitle (Complete Version)

3. “My Team” (Zico)

ジーコはアイドルラッパーの先駆者の一人と言われており、彼はそのラップ力が認められた最初のアイドルの一人です。アイドルはラップが上手いわけではないという汚名を払拭するのに一役買いました。

https://www.koreaboo.com/

ジーコは人工的なアイドルラッパーをディスるための方法として「My Team」をリリースした。さらに周りの人間が自分の名前を使って自分を作り上げようとするのをやめてほしいと歌いました。

トップに英語の翻訳があります

以下が全曲です!

[7BVN] [ENGSUB X VIETSUB] ZICO – My Team (Remix)

4.「YGGR#Hip-Hop」(ボビー)

ボビーは複数のディストトラックをリリースしており、特に『Show Me The Money 3』に出演していた時には、複数のディストトラックをリリースしています。

https://www.koreaboo.com/

これまでにも特定のアイドルをターゲットにしたディスった曲をリリースしてきたが、今回の「YGGR #Hip-Hop」は、一部のアイドルラッパーを除いて大多数のアイドルラッパーをターゲットにしたディスった曲だ。

以下が全曲です!

Bobby – YGGR #HipHop (연결고리#힙합) – Lyrics

5. “Born Hater”(エピック・ハイ)

エピックハイはアイドルグループではないかもしれないが、「Born Hater」は最も象徴的な曲の一つです。この曲には複数のアーティストが出演しており、例えばTabloはスタンフォード大学での教育に疑問を持った人たちをターゲットにしています。

 

以下が全曲です!

EPIK HIGH 에픽하이 – Born Hater OFFICIAL LYRICS [HAN/ROM/ENG]

 

意外なアーティスト達がディストラックを発表していましたね。

ファンからの反発を怖がらず自分たちが伝えたい言葉を伝えるのは格好良いですね!

ソース元:https://www.koreaboo.com/

タイトルとURLをコピーしました